読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VGC2016環境における特殊霊獣ランドロスについて考察

どうも、こんにちは。

以前シングルの特殊霊獣ランドロスを半分ネタ的に考察したと思うんですが、今回はわりと真面目な話です。多分。

f:id:PokeYuki:20160421221943p:plain

まず前提として、力づくが使えるなら化身の方が遥かに採用価値があります。

H振りゲンシグラードン確定一発、H振りメガガルーラ確定一発など霊獣では不可能なことが出来るので。

ただ、現状での化身と霊獣の火力差って実数値にして10の差なので思ったほど無いんですよね。

控えめ化身ランドロスなら珠大地でH振りグラードンは確定になりますが、準速では最速グラードンを抜けないので確実に勝てるわけでもないです。

 

化身の強み

・最速ゼルネアスより速い。メガガルーラよりも速い。

・素の火力が高いので色々な特殊サブウェポンが候補になる

霊獣の強み

・非メガの威嚇枠

グラードンカイオーガよりも速い

・物理火力もあるので両刀も可能

 

何のかんの言っても火力を求めるなら化身、威嚇が欲しければ霊獣というだけの話ですね。

そもそも私がランドロスを手持ちに入れようとした理由が、重力を覚えることなんですよね。

ゲンシグラードンの最強攻撃である断崖の剣の命中を上げるだけでなく無効相手にも問答無用で当てたり、眼鏡キュレムの吹雪は当たれば最強なので個人的に重力はこの構築に必須だと思いました。

確実に出す為にヤミラミを入れようかなと思ってましたが、耐久がカスすぎるのとサポートだけでなく最低限殴りたいなと思ったこと、最速グラードンがそこそこ蔓延してることが判明したのでランドロスでも良いかなと思い始めました。

H振りグラードンに対して珠大地の力は化身だと81%の高乱数なのが霊獣だと43%まで落ちるので、安定性を求めるなら化身安定なんですが。

一方で耐久無振りグラードン相手なら霊獣でも確定一発なので、素早いグラードンが増えれば増えるほど霊獣の採用価値が上がっていくわけです。

倒しきれなくても威嚇入るわけですし、無駄死にではない。

また、陽気メガガルーラに対して化身は上からの珠気合玉で中乱数で倒せますがH振りには確定耐えされてしまいます。

一方で霊獣ならば威嚇が入りガルーラがどちらの型であっても最低限仕事が出来、H振り相手なら化身と同じ確定二発。

つまりこちらは耐久振りのガルーラが増えれば増えるほど霊獣の採用価値が上がるわけです。

他の禁伝連中で威嚇が有効なのはメガレックウザイベルタルくらいですが、化身の砂の力は完全に死に特性になっているので使うチャンスがある威嚇が有用なことに変わりはありません。

化身の利点としてゼルネアスを抜けると書きましたが、力づく無しの珠ヘド爆だと無振りゼルネアスを確定二発なのであまり意味が無いかもしれませんね。

上からの叩き落とすでハーブ落とすってことも出来ますが。

 

環境によって多少左右されますが、特殊霊獣ランドロスも有りなのではないかというのが現時点の私の結論です。

サブウェポンは上記のゼルネアスを倒せないヘド爆とカイオーガを全然倒せない草結びなど考えられますが、大地/草結び/重力/守るなら一応グラカイに打点を持ちつつ重力サポートするかんじで使えますかね?

レックウザに手も足も出ないですがキュレムグラードンレックウザには強めですし、カイオーガへの打点が少ないので入れるなら草結びですね。

重力+グラードン対策に的を絞るなら、残り枠を封印にして守るで重力ターン稼がれるのを防ぐとか。

考える時間は無駄にあるので色々戦術は思いつくんですが、実際ゲーム触る時間が全然無い(>_<)