読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケットモンスターエメラルド冒険中

ゲーム ポケモン 厳選、育成作業

どうも、こんにちは。

中古でエメラルドもう一つ買ってきまして、また冒険進めてます。

爆裂パンチ、物真似などの一回限定の教え技が欲しかったのと、ID調整でなんか色々出来ねーかな、みたいな。

まず、未だにエメラルドの中古価格って1500円とかするんですね。

BW2より高い。謎。

クーポンで1000円で買いましたけど、それでも高い。300円くらいかと思ってた。

 

さて、中古ROMを買ったら恒例の状態チェック!

限定の配信ポケモンなど居ないか確認します。

続きから画面、バッジ5個。

あ……(察し)

で、でも、今回は教え技が目的だし!

ちょうど爆裂パンチ、物真似、指を振る、捨て身タックル全部残ってたからストーリー進める手間が省けたと思えば!

ということで、さっそく海底洞窟まで進めました。

久々のエメラルドなんですが、今見ると色々と面白いですね。

 

アオギリ「何故だ!?この紅色の玉があればカイオーガをコントロール出来るはずでは!?」

 

マツブサ「お前さんもカイオーガを目覚めさせちまったのか。このままだと雨が降り続けて全ての街が水に沈むぜ」←なんでやねん

 

どんなに雨が降ろうと、地球上の水の総量は変わらないんだから海面もそんなには上昇しないでしょう。

いや、もしかしてカイオーガがその辺の酸素と水素を結合させて新たに水を精製している可能性が微レ存……?

 

ダイゴ「酷い有り様だな……この天候の中心はルネの上空か……!じゃあ、僕はルネに向かうから君も気を付けてね!バサッ」←いや、一緒に連れて行ってくれよ

 

そしていつものやつ

f:id:PokeYuki:20151003194349j:plain

キャーグラードンサンガンバッテー

いつ見てもこのグラードンの圧倒的アウェー感

今年の映画でも最後、伝説達が飛んで行く中グラードンさんだけ海をじゃぶじゃぶ歩いて行きましたよね。悲しいね。

 

ミクリ「第三の伝説のポケモンレックウザ……どこにいるか知ってるかい?」←主人公にそれ聞くのかよ

 

主人公「空の柱だと思うっす〜」

 

ミクリ「そうか、空の柱か!それじゃあ行こうか!バサッ」←お前もかよ!一緒に連れてけよ!

 

そして

 

ダイゴ「空の柱?僕もまだ行ったこと無いけど、どこにあるんだろうね」

 

これはダイゴさん大誤算!

ホウエンチャンピオンのダイゴさんが、天まで届くと言われる超高層建築、空の柱の存在を知らないことが今回の独自取材で判明しました!

普通にホウエン飛び回ってたら嫌でも目に付くと思うんですけどねぇ……?

 

そしてグラードンカイオーガを前述の状態で放置したまま主人公はレックウザ探しの旅に。

それで良いのか!?

ルネのど真ん中でドンパチ始まっちゃって大変なことになるのでは?

まあ、FF6の三闘神とかロックマンエグゼ6のファルザーとグレイガみたいにお互い睨みあったまま動けなくて意外にも街は無傷なのかも?

そして空の柱に到着。

 

ミクリ「ごめんごめん。あんまり慌てたものだから君を置いてきてしまったよ!」

f:id:PokeYuki:20151003200213j:plain

これは今日一の名言ですね(白目)

このうっかりさんめ〜こいつめ〜。

どうしたろうか〜どうしたろうかしゃん?妖怪になっちゃうしゃん?(いつものわかる人だけわかれば良いネタ)

そして空の柱がマッハ自転車不要で徒歩で登れるバリアフリー設計になってました。

地味にあのアクション要素難しかったからね。今回は必須イベントだし。

 

そして、眠りから起こされて文句も言わず喧嘩の仲裁に来てくれる先輩に感謝。

f:id:PokeYuki:20151003201232j:plain

f:id:PokeYuki:20151003201249j:plain

f:id:PokeYuki:20151003201326j:plain

f:id:PokeYuki:20151003201303j:plain

多くを語らず三匹は帰って行きました。

きっと、レックウザ先輩は一方的なグラードンいじめをプレイヤーに見せない為に来てくれたんだと思いました。(小並感)

 

ミクリ「マグマ団とアクア団の二人もきっと悪気は無かったのだろうね。ちょっと彼らの話を聞いてやってみてはどうかな?」

 

さすがホウエン新チャンピオンのミクリさんは器が違いますわ〜。

自分達の私利私欲の為にデボンを二度も襲ったりカイエン1号を強奪したりソライシ博士に詐欺を行って隕石盗んだり火山噴火させようとしたりトクサネ宇宙センターを占拠したりした奴らを許しちゃうとか、マジ心広いっす!

どっかの大誤算野郎とは大違いっす!

では、そのお二人にもインタビューしたいと思います!

 

マツブサ「超古代ポケモングラードンカイオーガだけじゃなかったというのか……我々は必死に動き回ってきたが、あのポケモンの一働きで全部元通りということか…….ふ……はは……」

 

アオギリカイオーガグラードンはどこかへ飛び去ってしまった。そしてホウエンの天気も元通りになった……はは、ははは……俺達のやろうとしたことはポケモンから見ればちっぽけなことだったのかもな……」

 

自然の力を利用していく内に、いつしか人間は自然を自在にコントロール出来るような気になっていたのかもしれませんね。

大自然の脅威に晒されて初めて、人間は自らの愚かさを知るのです。

ホウエンのテーマはわかりやすくて深いですよね。

そんなことより、私はカイオーガグラードン飛び去って行ったという事実に驚きを隠せないのですが!

確かにルネの入り口はカイオーガが出て行くには狭いし、あの外壁をグラードンが登って行くのもキツそうだけど、お前ら飛べたのかよ!

 

さて、後はミクリ△の師匠アダン先生を倒してチャンピオンロード抜けて四天王クリアすれば全国図鑑が解放されて他地方のポケモンを送れるようになりますね。

ラティの乱数調整は、HGSSでやってるしもう良いかなー。

BP稼ぎ用に控えめラティオスあたり狙えたら狙ってみます。